理想的なセラピストになるために理想的な職場環境を見つけよう 理想的なセラピストになるために理想的な職場環境を見つけよう

求人サイトから見つけよう~エステティシャンとしての資格~

セラピストになるのに資格は必要?

プロのセラピストとして活躍するためには資格が必要になります。セラピストと似た職種であるエステティシャンも同じく資格が必要になることもあるので、その必要性に関してこのページで見ていきましょう。

セラピストとエステティシャンの資格について

セラピスト関連の資格

一口にセラピストといっても色々な種類があります。また、それだけ資格も多く存在するのです。その中の1つに、アロマテラピーアドバイザーという資格があります。このアロマテラピーアドバイザーという資格は、アロマテラピー検定の1級に合格しなければ取得することができません。このアロマテラピーアドバイザーは民間資格です。ですから、国家資格のように取得難易度が非常に高いということはありません。頑張ったら誰でも取得できます。用意されたカリキュラムをしっかりこなし、検定合格に必要なことをしっかりとこなせていければ取得可能なので、挑戦してみましょう。

エステティシャン関連の資格

エステティシャンにもセラピスト同様多くの資格があります。ちなみに、この資格によってそのエステティシャンのレベルを知ることができるのです。そのため、エステティシャンが持つ資格はレベルを示す指針ともいえるでしょう。その中でも認定トータルエステティックアドバイザー資格はエステティックのプロフェッショナルとして認識されます。業界の中でもトップクラスとして認識されるので、上を目指す人はこの資格を狙っていきましょう。

資格取得は求人応募に有利に働くの?

資格は持っている方が評価しやすい(30代/サロン経営者)

セラピストとして働きたいという思いを持ってこの業界を希望する人は多くいます。もちろん、中には生計を立てるために何となく働いた場所がたまたまセラピスト業界だったという人も見てきました。やはりこの2者を見た時に思うのが情熱があるかないかです。セラピストとしてしっかり働き技術を身に着けようとする人からはその意志が感じられます。そのため情熱がある人を優先して採用するスタイルが一般的です。しかし、その中でも資格を持っている人とそうでない人ではまた優先度が変化します。資格を持っていないという人よりも、持っているという人の方を優先して採用する方針で内も経営しているのです。ですから、資格はないよりあった方が有利なのは間違いありません。ですから、まだ持っていないという人は資格をとって応募した方が良いと思います。

求人を見るとき・応募するときに注意しておくべきポイント

セラピストの募集をしているサロンに応募をする際は、資格を持っていることをアピールしましょう。他にも、仕事への情熱なども伝わるとなお良いです。サロンによっては別業務の資格取得をサポートしてくれる場所もあります。ですから、そのようなサロンを探し求人をチェックするのも良いでしょう。

TOPボタン