理想的なセラピストになるために理想的な職場環境を見つけよう 理想的なセラピストになるために理想的な職場環境を見つけよう

エステ系サロンで働くセラピストの1日~求人を探す参考にしよう~

セラピストの仕事内容

セラピストとして働くとなれば、技術的な面も非常に大切なことではありますが、それ以外にも軽視することができないポイントがあります。

具体的な仕事内容と職場をチェック!

相手の立場や心情を読み取り癒やす

セラピストは人と関わる仕事が主軸となっています。そのため、相手の立場になって物事を考えられるかどうかというのも大切なスキルとされているのです。相手の立場に立つ、相手と同じ目線になるというのは非常に難しいこととされています。しかし、それができるようになると、お客さまの満足度に大きな良い影響を与えるので、できるようになっても何一つ損はありません。

勤務先はエステ系サロン以外にも有り

エステ系のサロン以外でいうとマッサージ店や治療院などが勤務先候補として挙げられます。必ずしもエステ系のサロンで無くても良いという人でも就職先はいくつかあるので、自分に合った場所を探してみましょう。

セラピストの業務の流れ

勤務先によって1日の流れは大きく異なります。ここで紹介するセラピストの1日の流れはあくまで大まかなものなので参考程度に確認していきましょう。

セラピストの1日の流れ

12時【掃除と営業準備】

12時には掃除を行います。掃除や備品整理などを行なうことで営業開始時間に備えるのです。また、ミーティングも営業時間前に行います。

13時【営業開始】

営業が開始してお客さまに施術を行います。

15時【休憩】

ある程度施術をこなした後は休憩時間が設けられています。

16時【仕事開始】

休憩をとった後は仕事を再開します。

20時【雑務】

最後に1日の振り返りをします。1日の振り返りでは今日の反省点を日報などに記入します。他にも、明日の準備や目標などもこの時間で決め終わらせます。

21時~22時【仕事終了】

仕事が終わります。再び明日の仕事へ備えるために自宅でしっかりと休みましょう。

セラピストの1日の流れを大まかにでも知っておくことで、いざ働いた時にすぐに対応できるようになります。これから初めてセラピストとして働くという人は、1日の流れを知っておくと良いでしょう。

TOPボタン